今人気が急上昇している新しい結婚写真の形式がある

用意する数

結婚写真を撮るときには

皆さんは結婚式で結婚写真は必ず撮られると思います。特に親族一同が集まって撮影される家族写真を取り入れる人は多いのではないでしょうか。こちらの写真ですが、挙式日前に必ず確認するようにしてほしいことがあります。何の写真がセットになっているのかと何枚用意してもらえるのかを確認してください。まず、家族写真だけなのかそれとも新郎新婦二人だけの写真も入るのかです。せっかくドレスもしくは打掛を着るのですから、その写真は残したいですよね。また、結婚写真の部数も3部もらうようにしてください。自分たちの分と両家のご両親の分です。両親の分まで必要かと疑問に持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、せっかくの記念です。家族になったのだということを実感してもらいましょう。

写真を購入する時に必要な価格

では、実際に結婚写真を購入する場合はいくらぐらいかかるのでしょうか。写真は六つ切りか四つ切に分かれていて、基本は六つ切りですが人数が大きくなると四つ切になります。もちろん値段も大きくなれば上がりますが、一枚当たり1万円前後と考えてもらえればいいのではないでしょうか。一部あたりが約1万円ですので、3部必要となれば3倍の約3万円必要になります。しかし、この写真は後々必要になりますし、将来子供ができたら見せることになるかもしれない写真です。もしくはご両親が自分の元から巣立っていった子供たちを懐かしく感じたときに見る写真です。自分たちからのプレゼントだと思って、必ずご両親に結婚写真を用意するようにしましょう。

Copyright (c) 2015 今人気が急上昇している新しい結婚写真の形式がある all reserved.